HOME お電話相談 メール相談 解決事例を見る メニュー

このような方にオススメです

  • 先祖代々続く不動産を自分の家系で引き継いでいきたい方
  • 息子夫婦には子供がいない為、将来息子の妻に財産が分散していく事を回避したい方
  • 先祖代々続く家系である為、前妻の子供へ財産が引き継がれてしまう事を心配している方
  • 事業を引き継ぐ長男に株を承継させ、将来は、孫に事業を承継して欲しいと望んでいる方

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。 財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

活用例

私がなくなった後は、次期社長の長男に財産を渡したい。その次の後継者は次男の息子だから、長男の嫁に財産が行くのは阻止したい。

責任をもって最後の承継である受益者まで財産を引き継ぐよ。

家族信託を使うと、2世代、3世代と続く財産承継を決めておくことができます。そのため、事業に関わる必要な財産を、分散させずに自分の家系で守っていくことが可能です。

状況

先祖代々続く地元の名士であるお父さんは、現在長男家族と同居中です。これからも代々続く、土地や不動産を守っていき たいと思っていますが、長男夫婦には子供がおりません。そこで、最終的には一家の財産(不動産)は次男の子供(孫)へ引き継がせたいと思っています。

設計

お父さんの目的は、代々続く不動産を同族で継がせていくことです。そこで、この土地や不動産を信託財産とし、委託者をお父さん、受託者を孫、第1次受益者をお父さん、第2次受益者を長男、第3次受益者を次男の子供に設定する信託スキームを設定しま した。もし長男が亡くなっても受益権は相続させずに、自動的に孫に受益権が移動するように設定します。

ポイント

遺言を作成する場合、自分が亡くなった後に財産を誰に引き継ぐかを決めることができます。しかし、その後次の代、その次の代までに財産の引き継ぐ相手を決めることはできません。

一方家族信託では、財産を次の代、その次の代と引き継ぎ先を連続させて決めることができます。代々続く財産を自分の直系に引き継ぐ場合には、家族信託契約を結ぶことがおすすめです。

このような方にオススメです

  • 将来的には会社を子どもに継がせたいと思っているが、株や預貯金を贈与していくと贈与税が莫大になってしまう方
  • 自分が引退後に子どもに経営権を移していきたいが、後継者を誰にしていいか分からない方
  • 自社株を贈与させたいのだが、経営権を委譲させるのは時期尚早だとお考えの方
ポイント

株を生前贈与する場合には贈与税等の負担が大きいため、これまでは、少しずつの株式移転をすることしかできませんでした。

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

活用例

家族信託で、株式の受託者を息子に変えると、名義上息子の株式になるため、株主は息子に変わります。しかし、財産権をお父様がなくなるまではお父様にしておくことで、贈与税が一切課税されずに承継をすることが可能です。受託者によって、議決権行使を行いますが、議決権行使について委託者が指示を出すことも可能です。また、株価対策は受託者が行うことができますので、時期をみて、株を渡す。

状況

お父さんは会社経営をしており、自分が引退後は息子に会社を継がせたいと考えています。そこで、自社株式を息子に譲っていきたいのですが、現時点で全ての株式を譲渡してしまうと、贈与税が高額になってしまいます。また、現時点で息子に経営権を全て持たせるのは、時期尚早だとも思っています。一方、自分の体調が悪化しているため、早急に事業承継対策が必要です。

設計

お父さんの目的は、相続税対策を行いながら最終的に息子に事業を引き継ぐことです。お父さんの持つ不動産、預貯金、株式を信託財産とし、委託者をお父さん、受託者を息子、第一次受益者をお父さん、第二次受益者を長男に設定します。受託者を息子にすると議決権も移りますが、お父さんは経営権を完全に委譲することを希望されていなかったため、議決権の行使を指図できる「指図権」を持たせるように設計をします。

ポイント

委託者、受益者ともにお父さんである今回のような場合、贈与税が課税されないメリットがあります。多数の株式を保有している場合、認知症になってしまい議決権が行使できないのは大きなリスクとなります。一方で、息子に経営権を全て委譲させるにはまだ早い場合は、上記のように指図権を付与し、実質的な経営権を委譲させずにすることも可能です。

このような方にオススメです

  • 贈与税をできるだけ押さえるように暦年贈与をしており、今後も継続していきたい方
  • 孫の大学のための教育資金や、結婚する際などお金が必要な時期に贈与をしたいが自分が高齢になって実現できない可能性がある
  • 贈与税控除を目一杯活用して相続対策を行いたいが、高齢なので認知症になってしまう
ポイント

認知症になってしまうと相続税対策がストップします。
※成年後見制度を利用しても、相続税対策は継続出来ません。

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。 財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

活用例

毎年息子3人と孫4人に100万円ずつ、あと太郎さんが22歳になったら500万円を渡してほしい。

わかった。責任を持って渡すよ。

家族信託を使うと、万が一財産を持っている人(委託者)の判断能力が低下して自分で贈与を行えなくなってしまっても、代わりに財産を管理する人(受託者)が贈与を継続して行うことができます。

状況

お父さんは、かつて離婚をしており、前妻との間には娘がおります。お父さんは資産を持っているために将来前妻との間の子供へも遺産が渡ってしまうため、できるならば現在の妻との間の子ども、孫に直接お金を渡そうとしています。また、孫が高校、大学の卒業時に800万円ずつ贈与をしたいとお考えです。

設計

お父さんの目的は、①自分が認知症になっても生前贈与を続けたいこと、②孫が高校卒業と大学卒業の時期にお金を渡したいという二つです。そのため、委託者をお父さん、受託者を次男、第1次受益者をお父さん、第2次受益者を長男、次男、孫、そして800万円は孫が高校・大学卒業時に受け取れるように設計をします。

ポイント

受託者を次男にすることで、万が一認知症になった際にも生前贈与を継続して行い相続税対策を継続することができます。認知症になってしまうと家族信託を設計することができないため早めに対策を済ませましょう。受益者が未成年者である場合、法律上代理人を立てる必要があるため設計時に注意が必要です。

このような方にオススメです

  • 売買で不動産の所有権移転をすると、不動産取得税や登録免許税などの流通税が高額となるので、これを節約しながら不動産取引をしたい方
  • 相続対策で法人化をしようと思っているが、登録免許税や不動産取得税が高額になってしまうため代わりの方法を検討したい方
  • 不動産会社様のグループ会社間での新中間省略登記を行う際の流通税を節税したい方
ポイント

不動産の所有権移転に伴う流通税を節税して相続税対策を行うのに最適なのが、家族信託です。

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

活用例

お父様が亡くなった後、複数の相続人を受益者とする契約を行うことで、受益権相続されます。受益権は通常の所有権とは異なり、登録免許税不動産取得税が低く設定されているため節税できます。

状況

一番の目的は、不動産の管理が大変になってきたので対策をとることです。

お父さんの所有する収益不動産は、2棟合わせて収支が黒字化するため、息子2人に1棟ずつ引き継ぐとトラブルの原因を懸念しています。

しかし、名義を共有にすると今後の管理や売却で問題が発生するため対策をとらないリスクがありました。

設計

税理士から、相続税・所得税対策として財産を管理するための法人設立の提案がありましたが、法人を設立させる方法では登録免許税や不動産取得税が高いという問題がありました。

今後も不動産の購入や建設なども検討する可能性を考慮した場合、お父様が万が一認知症になってしまうと誰も何もすることができなくなってしまいます。そのため、信託を設計して、法人化へ移転させます。お父さんを委託者、長男を受託者、お父さんを受益者とします。

その後、お父さんが持つ受益権を法人に売買することで登録免許税や不動産取得税などの税金が節税でき、法人化と同じ効果がもたらされます。

ポイント

家族信託を活用すると、信託財産は遺産分割協議の必要がないため兄弟間で争いが起こることはありません。相続が発生した後は、収益物件からの家賃収入を兄弟間で分けることができ、節税を行うことが可能です。

このような方にオススメです

  • 自分名義の収益不動産物件を持っている不動産オーナーの方
  • 今後介護施設への入所も検討しており、空き家が発生する可能性がある方
  • 相続税対策で建物を建設予定だが、認知症を患い建設がストップするのが不安な方
  • 身体が弱い為、財産管理を自分で出来なくなる前に対策を打ちたい方

認知症対策をしない場合

ポイント

私の財産が私名義である限り、いくら家族でも、あなたの財産を勝手に売ったり、修復したりすることはできません。

では、名義さえ変更すればいいの?

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。 財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

状況

昨年夫を亡くしたお母さんには、2人の子供がおります。現在1人暮らしをしておりますが、最近体の調子が悪く自分の判断能力がなくなったら介護施設へ入所しようと考えております。お母さんには、不動産、預金、国債などの多くの財産がありますが、自分が自宅へ戻れない状況になった場合は自宅を売却して現金で子供たちが分けてくれればよいと思っています。

設計

お母さんは、自分が認知症になった後は、長男に自宅不動産の管理や売却してもらうことを望んでいます。お母さんを委託者、長男が受託者として万が一お母さんが認知症になった場合は不動産の管理や売却を行うことを引き受けます。お母さんを第一次受益者として財産の実質の利益を享受しますが、お母さんが亡くなった後には長男と次男が第二次受益者として財産を引き継ぎ売却して現金で分けることも契約の中に含めました。

ポイント

認知症に備える方法には、成年後見制度や財産管理委任制度などがあります。一方、家族信託契約を結ぶことで、本人が認知症になった後でも契約で定めたように相続対策や資産運用を継続できることが一番のメリットです。

このような方にオススメです

  • 自分が亡くなったあと、子供の生活が心配な方
  • 自分がしっかりしているうちに、子供の生活を保障したい方
  • 自分が亡くなった後は、子供の面倒をみてくれるだろう人に遺産を残したい方
  • 自分が将来病気や認知症になり、子供の生活を支えいけなくなることが不安な方

※遺言を作成しても、確実に財産管理を保障することはできません。

ポイント

事前に子どもの生活保障の契約を信頼できる人と結んでおくことで、親なき後問題を解決することができます。

家族信託とは

万が一に備えて、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、財産管理を代わりにするための制度です。 財産の保持者を委託者、財産の管理者を受託者、財産の利益を受ける人を受益者といいます。

活用例

息子の生活保障をするために、娘に財産管理を任せたとします。しかし、娘が財産管理を受託者としてきちんとしているかは分かりません。そこで第三者の司法書士が監督人となり、娘が財産管理を適正に行っているかを監督することで、確実に息子に財産を引き継がせることができます。

状況

ご相談者様には、3人の子供がおり、障碍のある娘がいます。現在は、娘と母親が同居しており娘の面倒を母がみていますが、今後自分が亡くなった後娘の生活をみてあげられないことが心配です。次男とは若いころから折り合いがつかなく疎遠であるため、隣の市に住む長男が娘のことをみてほしいと思っています。

設計

そこで、福祉型信託の契約をすることにします。母が亡くなった場合や財産管理ができない状況に場合には、長女がもらうべき遺産をかわりに長男が預かり、毎月長女へ遺産を少しずつ渡すように取り決めをします。長男が万が一それを怠ってしまうと娘は生活ができないため、長男から長女へお金が渡っているかをチェックするため、司法書士が監督人になるよう契約を結びます。

ポイント

家族信託の契約は、お母様と長男の間で結ばれる契約であるため、内容は自由に決められます。家族信託を開始するのが、お母様が判断能力が下がった後にするのか、もしくは、最近物忘れが多くなって心配だからすぐに開始するのか、お互いの状況やニーズによって決めていくことができます。同様に、信託監督人をつけるかどうかも、親子の関係性により異なります。娘の生活保障を軸に、最善の信託契約の設計方法を専門家と一緒に作っていくことができます。