HOME お電話相談 メール相談 解決事例を見る メニュー

家族信託って認知症になってもできる?

認知症の際に効果を発揮する家族信託ですが、家族信託契約自体は、認知症を発症する前、お元気な時にする必要があります。

契約を行う際は、契約を行うことができる判断能力が必要となりますので、判断能力を失った状態である認知症になってからでは、家族信託契約の締結はできません。

是非、お元気な今のうちに家族信託契約を締結することをオススメします。